医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高

HOME»  ニュース

ニュース

内科ニュース

3月と4月の小児科診察について [2019/03/11]

3月28日(木)、4月18日(木)、19日(金)、20日(土)の小児科診察についてですが、副院長(小児科)蟹江先生が、保育園の園医業務、学会などによりお休みのため、院長(内科)加藤先生の診察となります。

そのため、小児採血・食物アレルギー相談・食物負荷試験・乳児健診・小児肥満相談・夜尿症の受付ができません。

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

ゴールデンウィークのお休みについて [2019/03/11]

本年度のゴールデンウィークの休診日は、4月30日(火)~5月5日(日)とさせて頂きます。
なお、4月27日(土)、4月29日(月)、5月6日(月)は通常通り診察を行います。
また、4月29日(月)につきましては、小児科・蟹江先生がお休みのため、内科・加藤先生の診察となります。
何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。

副院長ブログ3月 [2019/03/07]

深視力(しんしりょく)とは?

 みなさん、こんにちは。副院長の蟹江です。休診日はいつも大変ご迷惑をお掛けしております。
休診日は主に学会、勉強会に参加しております。医学は日々、目まぐるしく進歩しており、最善・最新・最適な医療を提供させて頂くために、継続した知識・手技の取得が非常に大切であると考えております。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

 今回は「深視力」についてご紹介させて頂きます。
「深視力」とは、物の「奥行き(距離感)」を見るための能力です。人は通常、物を見るときに無意識に両目を使い、物を立体的に見て距離感をつかんでいます。当院ではこの「深視力」を検査する「深視力計」を常備しております。


当院で採用している深視力計(Kowa 深視力計 AS-7 JS7)

 深視力に問題があると距離感がつかみにくいため、小さい頃から球技が苦手、本を読む時によく行が飛び集中して読めない、目が疲れやすいなどの症状が出ます。原因としては屈折異常(近視、遠視、乱視)、斜視、左右の視力差が大きい(利き目がある)などが考えられます。

 「深視力」は運転免許試験場の適正検査の一つとしても行われています。運転免許試験場では1960年より奥行知覚検査(おくゆきちかくけんさ)「三桿法(さんかんほう)」が採用されております。「深視力」の検査が必要な免許は、
 ①大型第一種免許(トラック)
 ②中型第一種免許(限定なし)
 ③準中型第一種免許(限定なし)
 ④けん引免許
 ⑤第二種免許(タクシー・バス)
となります。

 当院でも「三桿法(さんかんほう)」による深視力計を採用しており、岡山大学眼科の研究では眼科で行われている立体視検査と相関があると報告されています。

 「三桿法(さんかんほう)」による深視力検査は3本の棒を使用して検査します。両側の棒は固定されており、真ん中の棒が前後に移動します。2.5m離れた位置より、両眼を使って3本の棒がそろったと思う時点でボタンを押します。運転免許試験場での合格基準は連続3回検査した平均誤差が2センチ以内です。

 深視力の検査は苦手な方も多く、中には屈折異常(近視,遠視,乱視)・斜視などが原因となっていることもあります。当院では、近視・遠視・乱視・斜視のスクリーニングだけでなく深視力の検査も行っております。また、運転免許のため深視力の練習も行っております(有料)。ご興味のある方は気軽にスタッフまでお声かけ下さい。

 今後も当院の患者様に、最善・最新・最適な医療をご提供できる様に努力して参ります。
休診日はご迷惑をおかけいたしますが、重ねてご理解、ご協力の程よろしくお願申し上げます。

インフルエンザ予防接種終了について [2019/03/06]

インフルエンザ予防接種の受付を、3月11日(月)をもって終了させていただきます。
ご不明な点がございましたら、受付、お電話にてお問い合わせ下さい。

インフルエンザ流行時のインフルエンザワクチン接種について [2019/01/30]

今年度も、昨年同様ワクチンの流通に問題が起こり、ほとんどの医療機関で不足したため、接種を希望された方々への接種が十分には行われていません。
しかし、どこかに偏っていたのか、12月下旬になって急に入荷できるようになり、現在は接種が可能となっております。
本来なら接種開始は11月頃までがよく、すでにインフルエンザは流行しております。
しかしまだうつされていないのであれば、ワクチンを接種すると2週間ほどで抗体は上がりますので、その間にしっかり予防すれば、その後は効果が期待できます。
インフルエンザは長いと、4月上旬まで検出されることがあります。
ワクチン接種をご希望の方は、お早めにご予約ください。

漢方薬の長所、処方に関して [2019/01/30]

当法人では、漢方薬の処方を行っております。
一般的なかぜ薬(咳、鼻水止めなど)には高い効果がないこと、一部の薬で脳への影響が心配されていることなどは、医療界ではよく知られています。
漢方薬は飲みにくいですが、自然素材から作られているため、体への負担が少ないです。また全員にではありませんが、人によっては一般的なかぜ薬よりも高い効果が期待できます。
味が苦手な方などもいらっしゃるため、当法人では医師が内服を強要するすることは絶対にありません。選択肢のひとつとして提案をさせて頂いております。
みなさまが一日でも早く元気になるよう、治療のひとつとしてお考え頂けましたら幸いです。

インフルエンザ予防接種のお知らせ [2018/09/05]

2018年度インフルエンザワクチンの予防接種を、以下の通りで実施させていただきます。

  • ご予約開始日:9月14日(金)~
  • 接種開始日:10月17日(水)~

価格

  • 大人(13歳以上):¥3,500
  • 子ども(6ヵ月以上、13歳未満)
    1回目:¥3,000
    2回目:¥2,500
    (当院で2回とも接種される患者様に限り、2回目を¥2,500とさせていただきます。)

ご予約はWebとお電話でお取りできます。
詳しくは受付にお声がけ頂くか、直接お電話下さい。

乳幼児予防接種時間にご予約をされる方へ [2018/03/17]

予約当日、予約の時間を過ぎてしまう場合は、クリニックにご連絡をいただきますようお願い致します。

15:30を過ぎてしまう場合、午後の診察の準備がございますので、16時以降の診察時間内でのご案内となる場合がございます。

何卒ご理解とご協力をお願いします。

心肺蘇生法講習会のおしらせ [2018/02/07]

心肺蘇生法講習会のご案内

当院では、アメリカ心臓協会(AHA)公式の講習会を実施し、心肺蘇生法の普及を進めるとともに、認定資格者の養成に力を入れております。
受講を希望される方は、お気軽にお問い合わせください!
 

主なコース内容

・BLSプロバイダーコース
受講料 25,212円+テキスト代 4,212円
対象者 医者、看護師、救命救急士などの医療従事者の方
所要時間 およそ6時間
AHA公式修了書発行
・ハートセイバーCPR & AED
受講料 21,000円+テキスト代 2,100円
対象者 養護教諭、介護職員、ライフセイバー、スポーツインストラクターなど
心肺蘇生法を使う可能性のある職業の方
所要時間 およそ4時間
AHA公式修了書発行
・ファミリー&フレンズ
受講料(テキスト込み):1,500円
対象者 どなたでもご参加いただけます
所要時間 およそ1時間
AHA非公式受講認定書発行

お問い合わせ

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高
心肺蘇生法講習会担当
TEL:052-623-0050


講習会の詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/seminar_01.pdf