医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高

HOME»  ニュース

ニュース

内科ニュース

現在新たなニュースはありません。

小児科ニュース

現在新たなニュースはありません。

コロナワクチンと感染対策  [2021/09/22]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210922.pdf

インフルエンザワクチン予診票プリントアウトできます!!  [2021/09/22]

ご自宅等でプリントアウトが可能な方・記入が可能な方は印刷をお願いします☆彡
事前にご用意をして頂くと、スムーズにご案内が可能になります。
⇩⇩⇩詳細は下記の画像からプリントアウト可能です♪
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/influ_yoshin2021.pdf

インフルエンザワクチン予約一時停止のお知らせ  [2021/09/17]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210917.pdf

コロナワクチン予約を取る前必ずお読みください  [2021/09/13]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210913.pdf

コロナワクチン接種予約に関して  [2021/09/10]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210910.pdf

院長ブログ9月 [2021/09/01]

ブラックジャックよ、こんにちは

まだまだ暑いなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日用事があって実家に帰った時に、昔買ったブラックジャックの単行本を見つけました。
懐かしくて久しぶりに読みふけってしまいました。
皆さん、ブラックジャック御存知ですか。
トランプのカードではありません。若い方は知らない人も多いでしょうね。
ブラックジャックとは手塚治虫原作の漫画で、私の知る限り医者を主人公とした初めての漫画です。
おそらく当時の医学生は必ず読んでいたと思います。医師免許を持っていないブラックジャックが、その神の手(ゴッドハンド)で、どんな患者も治してしまい、高額な手術料をふんだくるという設定です。
こう聞くと悪徳医者のようなイメージを受けますが、そこはさすが手塚治虫先生、単純ではありません。
社会的弱者には優しく、時にかもしだされる現代文明批判、発刊当時から40年後の現代医療を予感するような設定など、奥が深いです。
一度読み始めると、のめりこんでしまうこと間違いなしです。
当院の本棚に置いておきますので、御興味ある方は読んでみてください。

では、また。

外来の混雑状況について  [2021/06/15]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210615.pdf

小児 乳児健診時間帯の駐車場について  [2021/06/01]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210601_02.pdf

おたふくワクチン予約に関するお知らせ  [2021/06/01]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210601_01.pdf

キッズランド大府 開院のお知らせ  [2021/05/31]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210531_02.pdf

子宮頸がんワクチンについて  [2021/04/08]

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210408.pdf

電話再診をご利用ください  [2021/03/31]

コロナウイルス感染拡大防止のため、電話再診を行います。
医師が可能と判断した場合、電話再診にて処方箋の発行をさせていただきます。
処方箋の受け取りは、保険証・医療証をご持参の上、診察時間内にクリニックまでお越し下さい。
ご希望の方は、診察時間内にお電話にてご相談下さい。

詳細は下記リンクをご参照ください。
http://www.klc-familyland.jp/docs/pdf/news_20210331.pdf

日本脳炎ワクチン予約一時停止のお知らせ [2021/02/03]

製造会社から製造上の問題が確認され製造を一時停止したため、出荷量を調整するとの連絡がございました。現在品質に問題はございませんが、当院でも不足する予定です。

定期接種につきましては厚生労働省の通知により、供給が安定するまでの間は以下の方が優先対象となります。
①4回接種のうち、1期の2回接種(1回目及び2回目)の方
②公費の助成期限が近い方(追加接種は7才6ヶ月未満まで、2期は9~13才未満まで)

※2/2までに予約されている方に関しては予定通り接種可能です。
※2/3~Web予約一時停止中です。再開の目途が立ち次第お知らせします。

公費助成期限が近い方は電話か直接スタッフまでお問い合わせください。
おそらく、半年~1年はこの状況が続くと予測されますので、場合によってはすでに予約されている方の予約日の調整・変更をお願いする可能性があります。
日本脳炎ワクチン不足のお知らせ 大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高

新型コロナウイルス(緊急事態宣言解除後について) [2020/06/05]

 三密の回避、不要不急の外出を避け、テレワーク、休職、休校など感染の連鎖を断ち切るための努力をしてきた結果感染者数が減少し、愛知県では4月16日に出された緊急事態宣言が5月31日に解除されました。しかし新型コロナウイルスがいなくなったわけではありません。今後は新型コロナウイルスの存在を意識しながら社会生活を維持していく必要があります。そのため今までより少しハードルを下げ、愛知県・名古屋市それぞれでドライブスルーPCR検査を診療所の医師判断で予約することができるようにもなりました。また国より新型コロナウイルスと共存する生活で気を付ける事「新しい生活様式」が発表されています。
 

(1)一人ひとりの基本的感染対策

☆感染防止の3つの基本「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」
・人との間隔はできるだけ2m(最低1m)空ける
・遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ
・会話をする際は可能な限り真正面を避ける
・外出時、屋内にいるときや会話をするときは症状がなくてもマスクを着用
・家に帰ったらまず手や顔を洗う、できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる
・手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)
※高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする

☆移動に関する感染対策
・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える
・帰省や旅行は控えめに、出張はやむを得ない場合に
・発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする
・地域の感染状況に注意する
 

(2)日常生活を営む上での基本的生活様式

・まめに手洗い
・手指消毒
・咳エチケットの徹底
・こまめに換気
・身体的距離の確保
・「3密」の回避(密集・密接・密閉)
・毎朝の体温測定・健康チェック、発熱又は風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養
 

(3)日常生活の各場面別の生活様式

買い物
・通販も利用
・1人または少人数ですいた時間に
・電子決済の利用
・計画を立てて素早く済ます
・サンプルなど展示品への接触は控えめに
・レジに並ぶときは、前後にスペース

食事
・持ち帰りや出前、デリバリーも
・屋外空間で気持ちよく
・大皿は避けて、料理は個々に
・対面ではなく横並びで座ろう
・料理に集中、おしゃべりは控えめに
・お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて

 

娯楽、スポーツ等
・公園はすいた時間、場所を選ぶ
・筋トレやヨガは自宅で動画を活用
・ジョギングは少人数で
・すれ違うときは距離をとるマナー
・予約制を利用してゆったりと
・狭い部屋での長居は無用
・歌や応援は、十分な距離かオンライン

冠婚葬祭などの親族行事
・多人数での会食は避けて
・発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

公共交通機関の利用
・会話は控えめに
・混んでいる時間帯は避けて
・徒歩や自転車利用も併用する

 

(4)働き方の新しいスタイル

・テレワークやローテーション勤務
・時差通勤でゆったりと
・オフィスは広々と
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打合せは換気とマスク

 

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高

小児科を受診される皆さまへ [2020/05/08]

新型コロナウイルス流行期における、お子さまの受診に対する当院の考え方

様々な報道がなされ、お子さまを医療機関に受診させることをためらわれる方も多いと思います。そこで当院の考え方を紹介させていただきます。

「感染予防のため予防接種は遅らせた方が良いですか?」というご質問をいただくことがあります。今の社会情勢では、喘息などの慢性疾患で経過良好な場合、数日〜数週間の受診延期や電話再診等を推奨しております。

しかし収束の目処が立っていない中受診延期を続けることで、乳幼児健診における「年齢ごとの起こりやすい病気を早期発見し治療に結びつける」、予防接種における「生命の危機や後遺症をきたしうる重症感染症の予防」といった目的を、果たせないことが非常に心配されます。

2020年4月現在、日本小児科学会も「いつも以上の配慮を行った上で、保護者と実施者が協力して可能な限り予定通りに接種すべき(一部要約)」としています。

また小児は症状を正確に伝えられないため病気も受診がすすめられます。

当院は発熱者の「入館前トリアージ」や、受付でのビニールシート設置など、感染対策に十分配慮しております。また月・水・金の14時半〜15時半は予約制での乳幼児健診/予防接種枠も設けております。

大切なお子さまの健康のために、ぜひ“必要な”受診をお願いいたします。

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高
院長 加藤研
副院長 田中元

当院の取り組みと皆さまへのご協力のお願い [2020/03/09]

 当院では、厚生労働省、保健所の指針・指導に基づき、皆さまの症状確認を、お電話や来院時速やかに行い、以下の内容に取り組むことで、感染拡大のリスクを下げる努力を行っております。

◇厚生労働省や保健所からの通達や、症状に応じた相談先を、お電話や掲示物等で皆さまへの案内を強化しております。

◇皆さまからのお電話での相談について、症状に応じ、来院時の注意点や来院前に、保健所へご相談いただく等の判断を速やかに実施しております。

◇保健所への相談が実施済みの患者様の場合、再度、呼吸器専門医の院長による判断を行い、ご来院時の注意点をご案内しております。

◇直接ご来院の皆さまへ、「37.5℃以上の発熱が4日間以上継続している」等の症状確認を、来院時に速やかに行い、保健所への事前相談のご案内や、ご来院以降お待ちいただく部屋を分ける(隔離室の利用)等を実施しております。

保健所から、「最寄りの医療機関で受診すること」を案内された患者様には、院長の判断により、診察時間が終了してからご来院いただき、他の患者様との接触を避けることや、ご来院以降、専任担当看護師をお付けし、皆さまのお手伝いを行います。
また、院長と専任担当看護師は、専用の使い捨て防護服を着用させていただく場合も想定しております。

◇皆さまの来院から、受診・ご帰宅までに携わったスタッフは、着用したマスク・医療用手袋等をその場で破棄し、必要に応じた院内の清掃と消毒を実施します。

 未だ、未知数な内容が多い今回の新型コロナウィルスの感染拡大ですので、100%防ぐことは難しいかもしれませんが、少しでもリスクを下げれるよう、これからも「町医者」として、可能な限り予防策を行ってまいりますので、皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高
院長 加藤研
スタッフ一同