医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高

HOME»  ニュース

ニュース

当院の取り組みと皆さまへのご協力のお願い [2020/03/09]

 当院では、厚生労働省、保健所の指針・指導に基づき、皆さまの症状確認を、お電話や来院時速やかに行い、以下の内容に取り組むことで、感染拡大のリスクを下げる努力を行っております。

◇厚生労働省や保健所からの通達や、症状に応じた相談先を、お電話や掲示物等で皆さまへの案内を強化しております。

◇皆さまからのお電話での相談について、症状に応じ、来院時の注意点や来院前に、保健所へご相談いただく等の判断を速やかに実施しております。

◇保健所への相談が実施済みの患者様の場合、再度、呼吸器専門医の院長による判断を行い、ご来院時の注意点をご案内しております。

◇直接ご来院の皆さまへ、「37.5℃以上の発熱が4日間以上継続している」等の症状確認を、来院時に速やかに行い、保健所への事前相談のご案内や、ご来院以降お待ちいただく部屋を分ける(隔離室の利用)等を実施しております。

保健所から、「最寄りの医療機関で受診すること」を案内された患者様には、院長の判断により、診察時間が終了してからご来院いただき、他の患者様との接触を避けることや、ご来院以降、専任担当看護師をお付けし、皆さまのお手伝いを行います。
また、院長と専任担当看護師は、専用の使い捨て防護服を着用させていただく場合も想定しております。

◇皆さまの来院から、受診・ご帰宅までに携わったスタッフは、着用したマスク・医療用手袋等をその場で破棄し、必要に応じた院内の清掃と消毒を実施します。

 未だ、未知数な内容が多い今回の新型コロナウィルスの感染拡大ですので、100%防ぐことは難しいかもしれませんが、少しでもリスクを下げれるよう、これからも「町医者」として、可能な限り予防策を行ってまいりますので、皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

医療法人KLC ファミリーランドクリニック南大高
院長 加藤研
スタッフ一同

3月の診療のお知らせ [2020/03/02]

3月の診察については、内科・小児科ともに院長 加藤先生の診察となります。
そのため、小児アレルギー検査・小児血液型検査・食物アレルギー相談・食物負荷試験・乳児健診・夜尿症・小児肥満についての診察ができません。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

名古屋市もの忘れ検診について [2020/03/02]

当院では名古屋市委託事業として、もの忘れ検診をしています。
対象者は65歳以上の名古屋市在住者です。
費用は無料、1年に1回です。
問診により認知機能検査を行います。
認知機能低下が認められる場合、精密検査の受診を御案内いたします。
完全予約制ですので御希望の方は電話にて予約してください。

帯状疱疹予防接種の名古屋市半額助成制度について [2020/03/02]

50歳以上の名古屋市在住者につき、帯状疱疹予防接種の費用が半額助成されます。
名古屋市在住者以外の方は全額自己負担となります。
ワクチンとしてはシングリックスとビケンがありますので、以下の説明を読んでいただいて、どちらか一方を選んでください。
完全予約制ですので、電話にて予約してください。

①シングリックス
2ヶ月以上6ヶ月未満をあけて2回接種します。
費用は1回分10,800円、自費の方は1回分23,000円です。
効果は90%くらいと高く、10年間は有効であることがわかっています。
副反応は、やや多いです。

②ビケン
1回のみ接種します。
費用は4,200円、自費の方は7,500円です。
効果は50%くらいであり、その効果は5年程で切れます。
副反応は少ないです。

院長ブログ3月 [2020/02/28]

ルーズベルトとポリオ

新型コロナウィルスによる新型肺炎が懸念される中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日所要で実家に行ってきました。その時おやじの部屋の本棚にルーズベルトの伝記が置いてあり、ふと思い出しました。

皆さんはルーズベルト大統領を御存じですか。第2次世界大戦時のアメリカ大統領です。世界恐慌にたいしニューディール政策を実施、第2次世界大戦を指導、恒久平和のため国際連合創設に尽力しました。

その一方で原子爆弾製造を目指したマンハッタン計画を推進したという点もありますが。

そんなルーズベルト大統領はポリオ、つまり小児麻痺をわずらい、下半身が不自由でした。

歴代のアメリカ大統領の中で唯一の障害を持った大統領で、車椅子生活でした。

ポリオとは小児の麻痺性疾患として代表的なもので、かつての日本では大問題となっていました。

しかし予防接種が実施されてからはこの病気は激減しました。同様に麻疹、風疹、インフルエンザ菌、肺炎球菌、日本脳炎、百日咳、ジフテリア、破傷風、おたふく、水痘、B型肝炎、ロタなど予防接種が施行され、多くの子供達の命が救われています。

また名古屋市では50歳以上の名古屋市民を対象とした帯状疱疹ワクチンの半額助成制度が開始されました。

お母さん、お父さん、子供達、予防接種を受けましょう。


では、また。

ブログ

ヒブワクチン供給再開のお知らせ [2020/02/28]

ヒブワクチンについて、出荷停止のためご予約を一時中断しておりましたが、供給再開となりましたので、3月9日(月)より接種可能となります。
ご予約希望の方は、受付またはお電話にて承ります。
なお、Web予約の方は3月4日(水)よりご予約をお取りいただけます。

小児科担当医師決定のお知らせ [2019/12/04]

患者様 各位

 先日より、小児科をご担当しております、蟹江先生のご退職をご案内してまいりましたが、このほど後任の小児科担当医師が決定いたしました。

詳細につきましては、順次ご案内をさせていただきます。
また、一部診療の内容を段階的に変更させていただく場合もございます。

なお、2020年3月以降の小児診療について、蟹江医師からの後任医師への引継ぎと、院長加藤によるサポートを徹底させていただくことをお約束いたします。

ファミリーランドクリニック南大高
院長 加藤研

患者様への大切なお知らせ [2019/11/16]

患者様 各位

 このたび、当院小児科を担当してまいりました、副院長の蟹江先生が、2020年2月末日をもってご退職されることとなりました。

2017年5月の開院より、地域の皆さまに支えられ、皆さまの「街医者」として、健康管理やご相談のお手伝いをしてまいりました。
今後、医師としての領域を広げ、さらに高度な医療知識とスキルを得るために、母校でもある愛知医科大学に戻られ、ご活躍されることとなっております。

また、ご退職に向け、一部診療の内容を段階的に変更させていただく場合もございます。

後任の医師につきましては、決定次第ご案内させていただく予定をしております。
なお、2020年3月以降の小児診療について、蟹江医師からの後任医師への引継ぎと、院長加藤によるサポートを徹底させていただくことをお約束いたします。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ファミリーランドクリニック南大高
院長 加藤研

患者様 各位

 このたび、2020年2月末日をもちまして、医療法人KLCを退職することとなりました。
ファミリーランドクリニック南大高では、開院より3年弱という短い間でしたが、地域の皆さまに支えられ診療を続けることが出来ました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

来年3月以降は、後任医師に皆さまのご診察をスムーズに引継ぎできるよう努めさせていただきます。ご迷惑おかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

本当にありがとうございました。

副院長 蟹江健介

消費税率引き上げに伴う、自費診療価格改定のお知らせ [2019/09/26]

10月1日より、消費税率が引き上げられることに伴い、自費診療及び予防接種の価格を変更させていただくことになりました。
詳しくは、10月以降に当院のホームページをご覧いただくか、スタッフまでお声がけください。
ご迷惑おかけしますが、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

LINE公式アカウントできました! [2019/06/21]

当院の公式LINE@アカウントができました!
アカウントをお友だち登録していただくと「ファミリーランドクラブ」ご入会となり、会員の皆様に様々な情報をお届けします!
また今後、会員の方がご利用できる特典なども予定しています。
是非、登録してみてくださいね。

こんなコンテンツが利用できます!

① お知らせ情報配信…休診日、イベントのご案内、感染情報などをお知らせします!
② プレゼント…今後、ファミリーランドクラブの方限定で、お得なクーポンなどを配布予定!
③ 写真の掲示…院内イベントの様子や皆様のお写真(ご希望の方のみ)を配信予定。
④ 院長・副院長ブログ…毎月院長と副院長、スタッフによるブログを更新!

line

ID:@jwt2036x

上のQRコード、またはID検索で登録できます!

MR第5期のクーポンが送付された方へ [2019/04/09]

MR第5期の風疹抗体検査、予防接種について

2019年4月より、対象の男性の風疹抗体検査、予防接種が公費で実施できます。
対象は昭和37年4月2日~昭和54年4月1日に生まれた男性です。
まず風疹抗体検査を施行し、HI法で16倍未満の方に予防接種を行います。
ただし対象年齢でも役所から送られてくるクーポン券がなければ、公費での実施ができません。
クーポン券がまだ送られてきていない方は、役所にお問い合わせ下さい。

漢方薬の長所、処方に関して [2019/01/30]

当法人では、漢方薬の処方を行っております。
一般的なかぜ薬(咳、鼻水止めなど)には高い効果がないこと、一部の薬で脳への影響が心配されていることなどは、医療界ではよく知られています。
漢方薬は飲みにくいですが、自然素材から作られているため、体への負担が少ないです。また全員にではありませんが、人によっては一般的なかぜ薬よりも高い効果が期待できます。
味が苦手な方などもいらっしゃるため、当法人では医師が内服を強要するすることは絶対にありません。選択肢のひとつとして提案をさせて頂いております。
みなさまが一日でも早く元気になるよう、治療のひとつとしてお考え頂けましたら幸いです。

乳幼児予防接種時間にご予約をされる方へ [2018/03/17]

予約当日、予約の時間を過ぎてしまう場合は、クリニックにご連絡をいただきますようお願い致します。

15:30を過ぎてしまう場合、午後の診察の準備がございますので、16時以降の診察時間内でのご案内となる場合がございます。

何卒ご理解とご協力をお願いします。